八重山かずら以外にも目に働きかける素材「紅いも」が含まれています。

八重山かずら以外の目に働きかける素材「紅いも」!

沖縄でよく食べられる夏野菜は「八重山かずら」ですが、これは甘藷の
葉っぱということなのですが、では「実」の方はと言われたら、「紅いも」
なのだそうです。

 

沖縄の人にとっては、「いも」と言えば、さつまいもでもなく、じゃがいも
でもなく、「紅いも」のことなのです。

 

 

沖縄の紅いもは、水はけのよい土と、綺麗な水が豊富な久米島で栽培されて
いるようです。

 

久米島は別名「球美の島(くみのしま)」と呼ばれ、特に水が綺麗で、
緑が豊かな島で、この島で紅いも栽培がはじまったのは当然の事と言え
そうです。

 

紅いもは、一見、普通のさつまいものようですが、中を割ってみると、
その鮮やかな紅色が特徴です。

 

この紅いもは、昔、米のない時代から主食として食べられてきたそうです。

 

紅いもも、八重山かずらと同じように植物防疫法で、沖縄県外への持ち出し
が禁止されているそうです。

 

今、県外でも食べられるとしたら加工したお菓子で「紅いもタルト」くらい
でしょうか?

 

実は、この紅いもの紅色は、抗酸化作用の強いアントシアニンが含まれている
証拠だとか。

 

その含有量は、ブルーベリーの4倍もあるそうです。

 

アントシアニンは、疲れ目やぼんやり感に働きかける素材なのだそうです。

 

そして、「紅いもタルト」以外にも、簡単に紅いものアントシアニンを試す
ことができるのが、琉球アイサプリ「一望百景」です。

 

ぜひ一度、お試しくださいね。

 

 

関連ページ

目に潤い成分をもたらす?!「もずく」!
さて、一望百景には、八重山かずらや紅いものような農産物の他に、目に優しい海産物が含まれています。それが目の乾きに潤いを与えてくれる「フコイダン」たっぷりの「もずく」です。
ルテインってなに?どんな成分なのか?
八重山かずらに含まれるルテインってどんな成分なのでしょうか?ルテインについて徹底解剖してみます!
紅いもについてのこだわりとは?!
一望百景の紅いもは、久米島の農家の生産者の方が作っているのだそうです。どんな事にこだわって作っているのかインタビューがあるようですよ。
紅イモは沖縄からだせないって知ってましたか?
紅イモはそのままでは沖縄からだせないことになっています。それはサツマイモに寄生する害虫が沖縄にいるためです。蒸したり焼いたりして加工したものなら大丈夫です。
アントシアニンが一番多い植物、ご存知ですか?
アントシアニンが一番多い食材といえばカシスですが、沖縄の紅芋がも含有量は国産素材でトップクラスです。本土では出回っていないため摂取が難しいですが、サプリメントで取るようにしましょう。
生のもずくだけでは限界?フコイダン含有量の多いサプリといえば?
もずくにはフコイダンという健康増進に効果的な成分が入ってます。しかし食事だけで摂取するのは大変。フコイダン含有量の多い沖縄産のものを使ったサプリがおすすめです。
一望百景に含まれる「フコイダン」とは?目にはどんな効果がある?
一望百景に含まれるフコイダンの抗酸化作用により、過酸化酸素が原因として起きた目の老化老眼や白内障、緑内障などの発症や進行を予防、抑制する効果があります。
アントシアニン含有量がブルーベリーより多いのは、紅芋なんです
アントシアニン含有量はブルーベリーが一番だと思われていますが、実際は紅芋のほうが多いのです。 紅芋に含まれるアントシアニンは、熱に強いというメリットもあります。
沖縄の代表的な夏野菜、紅芋の驚異のパワー!
沖縄の夏野菜の紅芋には、眼の機能低下予防と視力維持に役立つアントシアニンが豊富にふくまれています。一望百景というサプリメントにもこの紅芋エキスが含まれています。
アントシアニンは白内障を予防するってホントなの?
アントシアニンが白内障を予防してくれる効果があるのかどうかを調べて紹介しています。アントシアニンとルテインの違いなども併せて紹介しています。

トップページ その他の原料について! 一望百景について! 目の健康や悩みについて! 評判や体験談! サイトマップ