ブルーベリーを超える沖縄のイモの力とは

全国で最もメガネに頼らない沖縄の人。

「手元がぼやける」

 

「夕方にはショボショボしてくる」

 

「車の運転が怖くて不安だ」

 

・・・など生活の不安を感じる事は多いと
思います。

 

目を細めながら新聞を読んでいる人も
多いのではないでしょうか?

 

高齢化社会に伴って、これらの不安は
ますます大きくなるばかりです。

 

そんな中、専門家が注目するのが沖縄です。

 

沖縄の人は、全国で最もメガネに頼らない
と言われています。

 

実際に80歳を過ぎても新聞をスラスラ読んでいる
人が当たり前にいるのだそうです。

 

そんな沖縄の人に秘訣を聞くと、地元で採れた野菜。
特に紅イモを上げる人が多いのだそうです。

 

紅イモは沖縄の食宅に毎日でも並ぶ食材で、
その鮮やかな紅色はすっきり成分アントシアニン

 

よるものだそうで、その含有量はブルーベリーの
何と4倍にもなるのだそうです。

 

さらには、その葉っぱである「かずら」まで食べるから
高齢になっても健康の不安がないのだそうです。

 

かずらには、ルテインが豊富に含まれています。
ルテインは別名「天然のサングラス」と呼ばれており、
紫外線から目を守ってくれる成分です。

 

日本医療栄養センターの井上正子所長は、
このように語ります。

 

「沖縄のイモには、アントシアニンとルテインという
 瞳に有用な二大成分がたくさん含まれています。

 

 アントシアニンは、ブルーベリーの4倍。
 ルテインもほうれん草の3倍と、野菜の中でも
 トップクラス。

 

 その驚くべき含有量からも、
 沖縄の人にメガネ率が低いのも納得できますね。」

 

こんなに有用な紅イモですが、植物防疫法で生鮮品の
沖縄県外からの持ち出しは禁止されているようです。

 

そこで、話題になっているのが「紅イモ」と「かずら」を
一粒に封じ込めたサプリメント「一望百景」なのです。

 

 

 

一望百景の3つのこだわりとは?

そんな「一望百景」には3つのこだわりが
あるそうです。

 

こだわりその1

 

 琉球の「ぬちぐすい」である紅イモを凝縮

 

 沖縄で古来から食べられてきた紅イモは
 何とアントシアニンがブルーベリーの4倍。

 

 くっきりをサポートしてくれます。

 

こだわりその2

 

 ルテイン豊富な八重山かずら、フコイダン豊富なもずく

 

 紅イモ・かずら・もずくの3つの合わせ技
 瞳の健康をサポート。

 

こだわりその3

 

 お手軽さ!何と1日1粒

 

 ずっと続けやすい1日1粒。

 

 小さくて飲みやすく、厳選素材を凝縮して
 いるので1日1粒でも大丈夫!

 

アントシアニンがブルーベリーの4倍もある
今まで無かった「紅イモ」のサプリ

 

今なら「一望百景」が通常価格1,800円(税別)で2袋お求めで
送料250円のところを、

 

とくとく便なら何と1,620円(税別)の送料無料。
10%引きになっているようです。

 

しかも※「初回全額返金保証」付きですので、
1カ月間安心してお試しいただけるようですよ。

 

※2016年4月11日現在。

 

とくとく便に関しては、商品の定期お届けサービスとなっており、
毎月・2カ月ごと・3カ月ごとの周期からお選びいただけるようです。

 

また継続回数等に制限はないようですので、安心してご利用
できるようです。

 

 

 

 

関連ページ

一望百景の効果・効能とその特徴、摂り方は?
一望百景には視界をクリアにする成分として、アントシアニンとルテインを配合しています。 目の悩みだけでなく、老化や肌荒れに悩んでいる方にも最適なのです。"
こだわりの沖縄3素材配合で、くっきりはっきりを実感する一望百景!
ブルーベリーなど北欧のフルーツが主流の目のサプリメントに、沖縄の自然3素材を配合した一望百景なら、今までにない実感力を得られるかも?
一望百景はなぜ「ぬちぐすい」と言われるのか。納得のその理由
一望百景には沖縄産の原料のみ入っています。どれも本土にはない食材で成分の含有量の高さも特徴です。 沖縄県民の長寿や目の健康に役立ってきたぬちぐすいの結晶なのです。
視力が低い人にも一望百景は効果あり?
一望百景には視界がぼやける、カスミ目、視力回復といった目の症状にに良いとされる、アントシアニンやルテイン、フコイダンが豊富に含まれています。

トップページ その他の原料について! 一望百景について! 目の健康や悩みについて! 評判や体験談! サイトマップ